馬渕教室 2ch 上本町校

【対象学年】
小学3年生~小学6年生
【電話番号】
06-6774-2800
受付時間:午後2時~午後8時(日・祝は休み)
【住所】
大阪市天王寺区上汐3-2-23ササベビル1F※地下鉄谷町九丁目駅、
近鉄上本町駅スグ!

http://tyuju.mabuchi.co.jp/classroom_list/uehonmachi.html

馬渕教室 中学受験コース 上本町校は、大阪上本町駅(近鉄大阪線・奈良線)および谷町九丁目(地下鉄谷町線・千日前線)からすぐの所にある進学塾です。近隣の各公立小学校のみならず、大阪市・東大阪市の小学校・私立や国立の各小学校など、広範囲から沢山の方が通って下さっています。皆さんの進学先は近畿圏内の灘や東大寺、大阪星光をはじめとした最難関中から、四天王寺・清風や明星といった上本町近辺の進学校、また大学附属校など多岐に渡ります。
馬渕教室の理念である「難しいことをやさしく、やさしいことを面白く、面白いことをより深く」をもとに、各教師は、学ぶことの「楽しさ」を伝え、目標へ向かうことの「厳しさ」も分かって頂けるよう日々授業しております。
中学受験だけでなく、その後の学力や人間的な成長も考えて生徒とふれ合っているのが馬渕教室上本町校です。皆さまのご来校、お待ちしております!

馬渕2ch 馬渕2ちゃん 馬渕教室 2ちゃんねる 馬渕 合格体験記 2017 馬渕教室 5ちゃんねる 馬渕2ちゃんねる 馬渕 合格実績 2017 馬渕 合格体験記 2018

中学受験テキスト 下剋上算数 基礎編
――偏差値40から55への道

著者:桜井信一 馬渕教室

ベストセラー「下剋上受験」著者、待望の第二弾!

内容

中学受験の常識を一変させた「下剋上受験」著者と関西有名進学塾が最強コラボ!
「出来ない子」を「出来る子」にさせるための全く新しいテキストです。

本書の特徴

◎「下剋上受験」の中でも取り上げられ、馬渕教室に問い合わせが殺到した内部向けテキストを再編集。「算数が出来ない子」向けにジリジリと難易度が上がっていくよう研究された5、6年生向けのテキストです。
◎「親塾」で長女と二人三脚で最難関校を目指した桜井氏が、娘に教えた「算数の解き方」を詳しく紹介。塾との併用、家庭学習にも最適です。
◎問題数は1000問。1日10分で10問、100日で終わるようにつくられています。
◎100ページを超えるボリュームの別冊解説付きです。
◎続編の「難関校受験編-偏差値50から70への道」も2015年春に発売します。

実は、ここがわからないから伸びなかった! そんな気付きが満載の「桜井家の受験算数」をすべて伝授します!

桜井信一の板書 目次

解く前の準備

1.分数⇔小数を瞬時に変換する
2.筆算を減らして計算ミスを防ぐ
3.約分できるかどうか素早く判断する
4.計算手順が中学受験を成功させる!
5.速さを解く準備をする
6.図や線をフリーハンドで書く

解くためのコツ

1.広さ・かさの単位換算
2.特殊算にこだわりすぎない
3.円周率を研究して使いこなす
4.円周率はπを使って解く
5.計算ミスを防ぐ作戦をとる
6.なぜ、右上がり、右下がりの数なのか考える
7.右上がりばかりもやっぱり並びかえ筆算する
8.数に量を感じると色々みえてくる
9.1割引きの姿を知る
10.通分の仕組みにせまる
11.ダイヤグラムで様子を探る
12.相対速度で考える
13.時計算はキョリが角度になったと考える
14.流水算は図で様子がわかるようにする
15.ベン図を書く手順を決めておく
16.いつも同じ式にして百分率を解く
17.食塩水の濃さをイメージする
18.等差数列の総和について研究してみる
19.数が並んでいる様子を別角度から考える
20.じゅん環少数を使って群数列の練習をする
21.板チョコをわける
22.方陣を書けるようにする
23.となりあう辺を利用して求積する
24.相似比の単位あたり量を考える

http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2014/9784819112574.html