タグ:ウィルウェイ

ウィルウェイ 馬渕 2ちゃん 住吉校

【対象学年】
小学3年生~小学6年生
【電話番号】
078-843-7600
受付時間:午後2時~午後8時(日・祝は休み)
【住所】
神戸市東灘区住吉宮町4-1-7
中村ビル1階2階
※JR住吉駅スグ!

http://tyuju.mabuchi.co.jp/classroom_list/sumiyoshi.html

住吉校は今年で立ち上げ6年目を迎えますが、立ち上げからずっと変わらないものがあります。それは生徒達の明るく元気な「こんにちは!先生、質問があります!」という声で教室の1日が始まり、授業が終わっても、明るく元気な声で「さようなら!」と満面の笑顔で帰っていくことです。学習塾なのに、なぜ生徒がこんなに楽しそうにしているのか?それには大きな理由があります。ベテラン・若手の教師たち全員が熱意を持って、時には厳しく、時には楽しく指導し、どんなに難しい単元であっても、生徒の「わかった!」を引き出し笑顔にして送り出すように心がけているからなのです。厳しくて楽しい授業、面白くて熱い教師、それが住吉校の特徴です!また、生徒が増えても変わらず、面倒見良く生徒一人一人と向き合えていることも生徒の笑顔を引き出せている大きな理由になっています!中学受験を志す皆さん、我々と一緒に笑顔で合格を勝ち取りましょう!!

馬渕教室 5ch 馬渕 2ちゃん 馬渕教室 ウィルウェイ 馬渕教室 評判 馬渕教室 5ちゃん 馬渕教室 スレ 馬渕教室 2ちゃんねる

中学受験テキスト 下剋上算数 難関校受験編
――偏差値50から70への道

著者:桜井信一+馬渕教室

大好評「桜井信一の板書」が質量ともに大幅レベルアップ!

内容

「出来るようになった子」が確実に得点できるようになるための全く新しいテキストです

◎「下剋上受験」の中でも取り上げられ、馬渕教室に問い合わせが殺到した内部向けテキストを再編集。基礎編は「算数が出来ない子」向けでしたが、今回は基礎ができた子供たちが確実に得点できるようになるためのテキストです。
◎「親塾」で長女を難関校に合格させた桜井氏が、娘に教えた「解き方ノート」を詳しく紹介。塾との併用、家庭学習にも最適です。
◎問題数は1000問。1日15分で10問、100日で終わるようにつくられています。
◎問題レベルは★★★★★の最高水準です。
◎150ページを超えるボリュームの別冊解説付きです。

これが「桜井家の解き方ノート」だ!

○フィボナッチ数列の性質を知る
○ぐるぐるまわる1000の輪
○割り算には2種類あることを知る
○わりあま6パターンを整理する
○はじきを使って速さを解かない
○ダイヤグラムと比を使う
○りんご図でニュートン算を解く
○選挙の当確を実況中継する
○おうぎ形が転がる
○円すいコロコロを瞬殺
○相似比を使って面積比・体積比を求める
○立方体を切断したときの切り口をイメージする
○メネラウスの定理を丸暗記しない
○チェバの定理の正体
○ヒポクラテスの三日月を研究する
○オイラーの多面体定理から平面を考える
○ジグザク角度に補助線なんて必要ない
○不定方程式を瞬殺
○捨てずに濃さを等しくする食塩水

―など62時限分の板書があります

著者紹介

桜井信一(さくらい・しんいち)

1968年生まれ。中卒の父親が娘と一緒に桜蔭学園を目指したノンフィクション「下剋上受験」がベストセラーに。子どもに勉強を教えるためのコツや、中学受験の裏事情などを紹介したブログ「父娘(おやこ)の記念受験」は受験ブログランキングで閲覧数第1位を独走中。

馬渕教室(まぶちきょうしつ)
大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀に展開する総合学習塾。グループ生徒数は約3万人。「中学受験コース」は28校を展開しており、約5000人の塾生が学んでいる。灘、東大寺学園など全国トップレベルの中学に毎年多数の合格者を輩出している。

http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2015/9784819112604.html

ウィルウェイ 馬渕教室 2ちゃん 伏見桃山校

【対象学年】
小学2年生〜中学3年生
【電話番号】
075-605-2200
受付時間:午後0時~午後8時(日・祝は休み)
【住所】
本館
京都市伏見区京町3-171
別館
京都府京都市伏見区京町3-175-1MOグロリーエイトⅡ1F
※京阪本線伏見桃山駅、近鉄京都線桃山御陵前駅スグ!

http://kouju.mabuchi.co.jp/kyoto/classroom_list/fushimimomoyama.html

2018年 伏見桃山校 2期生 頑張りました!!
堀川高 探究学科群 10名 合格(昨年比200%)!おめでとう!!
堀川高 探究学科群に合格した2期生の喜びのコメント(一部抜粋)
桃山中卒 瀬木大幸くん
「みんなが刺激し合って高められるので、よい雰囲気でした。」
桃陵中卒 岩﨑柊典くん
「日曜堀川・嵯峨野・西京合格特訓では、馬渕で鍛えてもらった根性で、やりぬくことができました。」
伏見中卒 藤田一寿くん
「難しい堀川・嵯峨野・西京合格判定模試は本番さながら。実際の受験でも似た様な問題があり、役立ちました。」
藤森中卒 竹中彩花さん
「馬渕の先生は基礎からしっかり教えてくれるので、信じてついていきました。日曜堀川・嵯峨野・西京合格特訓で勉強したことが当日の試験にも出たのでよかったです。」


伏見桃山校 定期テストも頑張りました!!
公立中学に通う生徒の
2人に1人以上が450点Over!!
5人に4人以上が400点Over!!


京都進出2年目の快挙 堀川高校 探究学科群65名合格記念 入会応援キャンペーン
①全学年対象:入会金 無料!
②現中2 日曜堀川・嵯峨野・西京合格特訓 1日無料!!
③現中3 日曜堀川・嵯峨野・西京合格特訓 最大10コマ無料!!

冬期講習会特別キャンペーン
①現小3 冬期講習会費用 無料!
②現小4~現中2 冬期講習会費用 半額!!
③現中3 冬期講習会費用 無料!!!
④現中3 冬期・堀川探究必勝特訓 無料!!!!※受講資格が必要です。

新入室生・冬期講習生募集!!
入室テスト ※無料
日時:毎週土曜日15:00〜16:40
試験科目:現小4〜現小6 算数/国語(各40分) 現中1〜現中3 数学/英語(各40分)
申込方法:HPまたは電話・ご来校にてお申込みください
※入室・講習準備テストは随時受付中 お気軽にお問い合わせください。

入室・冬期講習説明会 ※入室・講習準備テスト同時実施
高校入試制度や馬渕教室の教育理念などをご説明いたします。会の中では伏見桃山校算数・数学担当教師より算数の模擬授業も行いますので、ぜひ一度ご参加ください。伏見桃山校のことを知っていただく良い機会になります。
日時:11/10(土) 15:00~16:40
試験科目:現小4~現中1 算数/国語(各40分) 現中2~現中3 数学/英語(各40分)
申込方法:HPまたは電話・ご来校にてお申込みください

現小2~現小6対象 パズルの祭典 ~パズ祭~
馬渕教室から皆さんへ、挑戦状!!私たちが用意する難しいパズルを解くことができるかな?
数字を使ったパズルの難問を多数ご用意して、お待ちしております。
日時:11/10(土) 17:00~18:30
持物:筆記用具
費用:無料

現中2 日曜 堀川・嵯峨野・西京合格特訓 次回12/2
受講生募集!!1日(2コマ)無料!!英数国を中心に、中3内容を取り入れ、入試までの全体像をお見せします。通塾しやすい日曜日の夜の時間帯に実施するため、部活生・他塾生も大歓迎!!
※受講希望の方は、校舎までお問い合わせください。事前に入室テストを受けていただく必要があります。
※詳しい時間割は校舎までお問い合わせください。

現中3 後期日曜 堀川・嵯峨野・西京合格特訓 次回11/10
受講生募集!!最大10コマが無料!!堀川・嵯峨野・西京高校合格への最短ルート。夏に蓄えた学力を引き上げ、実際の公立専門学科・難関私立・有名私立の入試問題を解くための幅広い応用力を養成します。
通塾しやすい日曜日の開講。他塾生歓迎!!
※受講希望の方は、校舎までお問い合わせください。事前に入室テストを受けていただく必要があります。
※詳しい時間割は校舎までお問い合わせください。

現小6保護者会
馬渕教室では、2019年2月より新年度の授業を開始いたします。馬渕教室の中学生指導についてはもちろん、学習習慣やスケジュールの立て方、具体的な勉強方法など来年度の1年間を見据えた内容をご説明いたします。また、公立高校の入試制度についても具体的にご説明いたします。
日付:12/1(土)
※詳しい実施時間は校舎までお問い合わせください。

現中3 堀川・嵯峨野・西京合格模試パックプラン
馬渕オリジナル模試と解説Web授業がパックになった特別講座

教科
解説動画配信予定
受講費用

英・数・国・理・社・小論文
第1回 10/2(火)
第2回 11/6(火)
第3回 12/11(火)
第4回 2019/1/8(火)
10,000円+教材費2,000円(税別)

※他塾生受講可
※詳細は校舎までお問い合わせください

現小6 小学理社
中学校で学習する内容をみすえて組まれたカリキュラムにより、中学以降の理科・社会の学習を、よりスムーズに進めるための講座です。馬渕教室オリジナル映像教材「馬渕ライブナビ」も駆使し、よりわかりやすく、より興味深く学習できます。
日時:毎週水曜日 17:15〜18:50

現小5・現小6 SS特訓授業
公立トップ高・難関私立高合格を見据えた土台作りを始めるハイレベル講座。発想力・記述力を高めよう!!
日時:毎週木曜日 隔週で算数と国語を実施いたします。
現小5…17:15〜18:00
現小6…18:05〜18:50

現小4〜現小6小学英語
小学英語のみの通塾も可能!
2018年、公教育の小学英語が変わる!馬渕は完全対応!
〜「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの力をバランスよく伸ばす指導〜
中1英語の先取りで『受験に強い英語力』を育てます。大学入試制度の変更に伴い、4技能を身につける必要があり、これまで以上に早期からの取り組みが非常に重要になってきます。馬渕教室の小学英語では、中学入学後も無理なく英語力を伸ばせるよう特別のカリキュラムを組み、お子様の英語に対する知識や関心を広げていきます。

いつでも復習Web・まぶち欠席フォローWeb
馬渕に入る前の単元を復習できる!授業で習った単元を復習したい!
欠席した授業をいつでも受講できる!授業後の復習にも使える!積極的にご利用ください。

単元別ライブラリ 始動
復習Web・まぶち欠席フォローWebに加え、新たなコンテンツが登場!!
Point 1 馬渕教室オリジナルテキストの各単元を動画で解説
Point 2 見たい単元だけをピックアップできるよう、細かい単元分け。中学3年生用で合計388単元
Point 3 家庭配信だから、いつでもどこでも受講が可能

当校舎は京阪伏見桃山駅・近鉄伏見御陵前駅すぐそばに位置し、電車での通塾はもちろん、小学生であれば、桃山小学校・桃山東小学校・伏見板橋小学校校区の方、中学生であれば、桃山中学校・桃陵中学校・藤森中学校校区の方にとって、非常に通いやすい環境です。

「生徒の夢を大きく育て 絶対に実現させる」という誓いの下、生徒の皆さんの夢の実現に向け、全力を尽くすのが馬渕教室です。ぜひ、皆様の大切なお子様の「夢」の実現をサポートさせてください。

HPまたはお電話・ご来校にて随時入室・講習準備テストお申込み受付中

※校舎単独実績にはSSS・灘高専門クラス移籍生を含みます。

馬渕 合格体験記 2017 ウィルウェイ 馬渕教室 5ちゃんねる 馬渕教室 5ちゃん 馬渕教室 2ちゃん 馬渕教室 2ちゃんねる 馬渕教室 5ch 馬渕 合格実績 2018

中学受験テキスト 下剋上算数 基礎編
――偏差値40から55への道

著者:桜井信一 馬渕教室

ベストセラー「下剋上受験」著者、待望の第二弾!

内容

中学受験の常識を一変させた「下剋上受験」著者と関西有名進学塾が最強コラボ!
「出来ない子」を「出来る子」にさせるための全く新しいテキストです。

本書の特徴

◎「下剋上受験」の中でも取り上げられ、馬渕教室に問い合わせが殺到した内部向けテキストを再編集。「算数が出来ない子」向けにジリジリと難易度が上がっていくよう研究された5、6年生向けのテキストです。
◎「親塾」で長女と二人三脚で最難関校を目指した桜井氏が、娘に教えた「算数の解き方」を詳しく紹介。塾との併用、家庭学習にも最適です。
◎問題数は1000問。1日10分で10問、100日で終わるようにつくられています。
◎100ページを超えるボリュームの別冊解説付きです。
◎続編の「難関校受験編-偏差値50から70への道」も2015年春に発売します。

実は、ここがわからないから伸びなかった! そんな気付きが満載の「桜井家の受験算数」をすべて伝授します!

桜井信一の板書 目次

解く前の準備

1.分数⇔小数を瞬時に変換する
2.筆算を減らして計算ミスを防ぐ
3.約分できるかどうか素早く判断する
4.計算手順が中学受験を成功させる!
5.速さを解く準備をする
6.図や線をフリーハンドで書く

解くためのコツ

1.広さ・かさの単位換算
2.特殊算にこだわりすぎない
3.円周率を研究して使いこなす
4.円周率はπを使って解く
5.計算ミスを防ぐ作戦をとる
6.なぜ、右上がり、右下がりの数なのか考える
7.右上がりばかりもやっぱり並びかえ筆算する
8.数に量を感じると色々みえてくる
9.1割引きの姿を知る
10.通分の仕組みにせまる
11.ダイヤグラムで様子を探る
12.相対速度で考える
13.時計算はキョリが角度になったと考える
14.流水算は図で様子がわかるようにする
15.ベン図を書く手順を決めておく
16.いつも同じ式にして百分率を解く
17.食塩水の濃さをイメージする
18.等差数列の総和について研究してみる
19.数が並んでいる様子を別角度から考える
20.じゅん環少数を使って群数列の練習をする
21.板チョコをわける
22.方陣を書けるようにする
23.となりあう辺を利用して求積する
24.相似比の単位あたり量を考える

http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2014/9784819112574.html

↑このページのトップヘ